写真用品
  引伸機
  暗室用品
  カッター
シネ用品
画像入力/複写装置
  画像入力スタンド
  コピースタンド
  マルチ型撮影台
  ウェブドットスタジオWS-400S
  ウェブドットスタジオWS-400SK2
  バックペーパーセット400CP
  ウェブフォトライトWP-960
  LEDトップライトセットWt-960s
  ウェブスタジオボックス
  ウェブスタジオボックスWS-50SP
  コピーライトLCL-950 & 950K2
  コピーライトFL-202
  コピーライFL-217
  デジカメスキャナースタンド
  DSS-400S

ビデオ用品
  トロピカルTL-500キット
  ビデオライトVL-1300
  AC型ビデオライト
  ランプホルダー

クールライトシリーズ
  クールライトCL 1灯
  クールライトCL 4灯
  クールライトCL 5灯
  レフサブライト

LEDライト(バッテリー式)
   VLP-10500XP
VLP-9500XPD
   VLP-10000X
VLP-9000XD
VL-7700CXP
VL-7200CX
VL-6500XP
VL-6000X
   VL-3000CX
   VLG-2160S
   VL-1400C
VL-1400
VL-1200
VL-540CBII/CPII/CWII
   VLR-490
VL-210M
   VL-120S
   VL-90

蛍光灯バンクライト・ブームバンク
  ライトバンク LB-1208
  ライトバンク LB-452S
  ライトバンク LB-45S
  ホームテーブルライティング
  HT-20SP
  ホームスタジオバンクセットHB-45S
  ホームスタジオバンクセットHB-604S

三脚・スタンド
  オートパンヘッド PH-80R
  
ブームユニット BU-300SP
  ワンロックアームシリーズ
  ダボ付ボールヘッド MS-31
  ボールヘッドクランプ MS-21 II
  ボールヘッド BH20
  ボールヘッド BH50D
  パワークランプ PM-40 II
  デジタルカメラグリップ CG-100 II
  トライポッドカメラグリップ CG-200 II
  スマートフォングリップ CG-300K
  スマートフォングリップ CG-400K
  ストレートブラケット SB-280 II
  ユニバーサルブラケット UB-150
  三脚


トップ > LPL通信 > ウェブドットスタジオ



商品撮影はカメラのオート撮影はさけて、マニュアル撮影で露出補正(EV値)をしながら、カメラはしっかり固定してフラッシュは発行禁止が基本です。基本を守りながらこれに柔らかい照明(蛍光灯照明)が加わることにより美しい画像が写真を得ることができます。
商品撮影は「商品をあるがままに見せる」と言う画像でだいたいは満足できますが、商品にもいろいろな物が存在します。その商品の持っている魅力を引き出すためには、ただコントラストを抑えた平面的な画像では? 光の当て方によりさまざまな姿に変化させることのできるのもウェブドットスタジオの魅力のひとつです。
また、切り抜き加工が楽々できる無影撮影や、部分的に強調させるスポット撮影・特殊なグラデーション撮影・透過光撮影と、よりイメージに近い撮影ができます。

- ウェブドットスタジオのオンライン購入ページはこちらになります -

撮影状態   例1:反射光だけを使用   例2:反射光と透過光を併用   切り抜き画像

1. 例1は乳白色のバック紙をセットして、左右から反射ライトで照明します。例2は透過光も併用させます。

2. デジタルカメラをオート撮影からマニュアル撮影に変えます。EV値(露出)はカメラの液晶を見ながら決定させます。

3. 例1を見るとミニチュアの椅子の下に薄い影ができているのがわかります。照明の柔らかさで決してきつい影にはなっていません。
また、全体にコントラストも控えめになっていて、立体感もありとても見やすい画像になっています。

4. 例2を見ると影が完全に無くなっているのがわかります。この撮影はカタログ撮影によく使われ、画像処理(切り抜き加工)の際、大変便利で物だけを忠実に描くことができます。
例3はPhotoshopの自動選択ツールで切り抜き加工後の画像です。


WS-230シリーズでいろいろな撮影方法が楽しめます。





1. 背の低い商品や小物類はできるだけライトを近づけて撮影します。反射の多い商品撮影は間接光で、反射の少ない商品は直接ライトを近づけて撮影します。

2. スポット撮影は部分的に明るくして、コントラストが強調された画像を作り出すことができます。ライト部をベースボードから取り外して使用します。

3. 乳白色のバック紙の上に透過率の高いレースなどを使って、幻想的な画像の制作などもできます(透過光利用)。

4. RGBカラーフィルターをライトに取り付けるとバックに光りのグラデーションを加えることができます。

5. 画材店などで市販されている和紙や加工紙をバックに使用することで、よりイメージに近い画像を撮影することができます。

綺麗に撮ると基本に、一歩踏み込んでイメージで自由に楽しく撮る!
これがウェブドットスタジオ本来の目的です。


WS-230シリーズで撮影した一例です。



Copyright 2001-2017 LPL Co., Ltd.